ヤナセオートシステムズ、英国車向けの補修部品販売を強化

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本輸入部品販売有限会社の事業を譲り受け、英国車部品取り扱いに関するノウハウを活かす

株式会社ヤナセ(本社:東京都港区、社長:井出 健義)傘下の株式会社ヤナセオートシステムズ(本社:東京都港区、社長:江花 辰実)は、日本輸入部品販売有限会社(本社:埼玉県所沢市、社長:鈴木 礼司)から全ての事業を譲り受け2月1日以降、同社に代わって事業を運営を行っていく。

日本輸入部品販売有限会社 外観

基よりヤナセオートシステムズは、創業以来、輸入車に特化した部品販売事業を展開し、取り扱いブランドと地域の拡大に取り組んでいる。

一方、日本輸入部品販売は、1984年の会社設立以来、英国車を中心とした部品販売事業を全国の取引先に向けて展開してきた。

日本輸入部品販売有限会社 ショウルーム

今回の両社の合意は、日本輸入部品販売の商品調達力と英国車部品取り扱いに関するノウハウを活かす事を介して、ヤナセオートシステムズが展開する部品販売ネットワーク「ヤナセ Pa-net」のさらなる競争力向上につながると判断したのだと云う。

なお、日本輸入部品販売の全人員はヤナセのグループ会社に転籍し、事業譲渡後も引き続き事業運営に携わっていく。

株式会社ヤナセオートシステムズ 概要
本 社 :〒105-8575 東京都港区芝浦1-6-38
代表者 :代表取締役社長 江花 辰実
営業開始 :2011年4 月
資本金 :8 千万円
社員数 :370 名(2018 年 1月1 日現在)
部品販売拠点 :全国7 ヵ所

日本輸入部品販売有限会社 概要
本 社 :〒359-021 埼玉県所沢市東所沢3-20-2
代表者 :代表取締役社長 鈴木 礼司
連絡先 :04-2945-4506
設 立 :1984年7 月
社員数 :10 名 (2018 年1 月1日現在)